服飾専門学校でマーチャンダイザーとデザイナーを学ぶ

服飾専門学校に通わなくてもファッション関係の仕事に就くことはできます。しかし学校に通って知識と技術を身につけたほうが、より仕事を探す際も有利になります。ですから、できれば服飾専門学校へ入ってから卒業後にファッション業界で働くと良いでしょう。

ファッション業界の仕事の中でお客様の前に立つ仕事だけでなく、裏方的な仕事も人気があります。ファッションを作り上げていく、様々な裏方の仕事もファッション業界でやりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。

■マーチャンダイザーの仕事

・マーチャンダイザーの仕事とは?

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、具体的な仕事は、アパレルの店に置く服の企画、開発をする、販売に関しての計画を立てるのが仕事です。ファッション業界の仕事の中で一番専門的な仕事と言ってもいいかもしれません。販売企画にあたる仕事でもありますので、営業のスキル、情報収集ができる力も持っておかないといけません。

■人気の職業ファッションデザイナー

・一番憧れる仕事

ファッション業界の仕事の中で一番憧れている人が多い職業と言っても過言ではないでしょう。常に人気がある職業だと思いますし、新しいファッションについてトレンドを生み出す生みの親でもあります。トレンドをただ抑えればいいだけではありません。これまでにどのようなファッションが流行していて、これからどのようなファッションが流行するのか、それも考える必要がある仕事です。名の知れたファッションデザイナーの下で仕事をしたり、大手のブランドで経験を積んで独立している人も多い仕事なので、夢が広がる仕事と言ってもいいかもしれません。将来的に大活躍できるかもしれません。

卒業後に人気の職業について

服飾専門学校を出ると様々な職業に就くことができます。どのような職業に就きたいと思っているかによって学校選びが違ってきます。どの職業に就きたいのか、あらかじめ明確になっている人はスムーズな学校選びができるでしょう。多種多様化している服飾専門学校の中で自分に合うところを選びましょう。

服飾専門学校卒業後になれる職業はたくさんあります。スタイリストやデザイナー、ショップの店員などが有名ですがこれはごく一部でありもっとたくさんの職業に就くことができます。あなたが目指すファッション関係の仕事とはどのような仕事なのでしょうか。

■一番人気の職業は

・ファッションアドバイザー

意外だったという人もいるかもしれませんが、一番人気がある職業はファッションアドバイザーの仕事です。どのような仕事かというと、それぞれのお客様に合うファッションを提案する事になります。提案した結果そのお客様にぴったりの服を選んで差し上げてスタイリングしていきます。どのような知識や技術が必要かというと、基本の知識だけでなく、その人に合う服を選ぶ必要がありますのでセンスが必要です。またトレンドも抑えなければいけませんので、常にトレンドを抑えられるかどうかも重要です。

■2番目に人気の仕事は

・ファッションスタイリストの仕事

ファッションスタイリストの仕事は女性にとても人気があります。雑誌のスタイリングを考える仕事からテレビに出ているタレントやモデル、女優さんの服を担当するのが仕事です。それぞれの個人に適した服を選ぶ事はもちろんですが、その仕事の内容などに合わせてスタイリングしなければいけないので、ある程度知識とセンスが必要になってきます。またコミュニケーション能力も必要です。

ファッション業界で働きたいなら服飾専門学校へ通うメリットを知る

ファッション関係の仕事をしたいと思っているのなら、服飾専門学校が良いでしょう。服飾専門学校はファッション業界で働きたいと思ったときに、必要な知識や技術を身につける事ができますのでお勧めです。独学で勉強をするよりも、より専門的な知識と技術を身につける事ができますからお勧めです。

服飾専門学校に通わなくても、資格がなくてもファッション業界で働くことはもちろん可能です。しかし学校に出ていた方がより専門的な知識を身につける事ができますから就職に有利になりますし、就職してからも専門的な知識や技術を生かして働くことができるでしょう。

■専門学校に入るメリット

・服飾専門学校に通うメリットはどこにあるのか

ファッションの仕事は色々とあります。デザイナーにも人気がありますし、ショップの店員もいいでしょう。雑誌のスタイリストやマーチャンダイザーなどの仕事もありますが、これらはそれぞれ専門的な知識が必要です。独学でももちろん身につける事ができますし、センスがあればファッション業界で働けると思っている人も多いかもしれませんが、そうではないのです。やはりしっかりとした知識を身につけておくことが大事です。専門家の講義を受ける事で専門的な知識を身につける事ができるというメリットがあります。そしてその業界のことも知る事にもつながります。

・独学と何が違うのか

センスがあって、少しファッションに興味がある人ならだれでもファッション業界で活躍できるような気がしますが、そうではありません。やはりしっかりと学校に通う事で独学では決して身につかない専門的な知識を身につける事ができるでしょう。就職面でも学校からの推薦で就職する事もできるなど独学では得られないメリットを得る事ができます。

ショップ店員になるために服飾専門学校に通う

ファッション関係の仕事に就きたいのであれば、服飾専門学校がお勧めです。様々な服飾専門学校がありますので、その中から自分にぴったりの学校を選ぶ事が必要になってきます。種類も多種多様化していますが、それだけでなく個性や卒業後の進路にもかかわるためしっかり選ぶ必要があります。センスがあればいいのではなく、知識と技術も必要ですので学校で身につける必要があります。

ファッション関係の仕事はどのような仕事があるのでしょうか。服飾専門学校に行きたいとは考えていてもそれがどのような仕事なのか、それを知る事がまだ出来ていない人もいるでしょう。ファッション関係の仕事のショップ店員についてここでは詳しく見ていきましょう。

■店員になりたい人へ

・アパレル店員の仕事

ファッション関係の仕事といえば店員さんになりたいという人もいるでしょう。ファッション店員は服を売る店でのスタッフとなります。ただ販売をするだけではなく、ほかにも服の管理をしたり整理をして販売してもらえるようにしなければいけません。そして服を買いに来た方へ適切なアドバイスをして似合う服装を提案するという事も重要でしょう。ファッション店員の仕事というのは、ほかの仕事と違い、マーケティング、販売促進についても考えていかなければいけません。ファッションだけでなく、そうした知識も必要ですので、幅広く知識と技術を身につける必要があるでしょう。

・学校でも実践勉強はある

学校ではただ座学で知識を学ぶだけでなく、実践的に販売の方法を実習する授業を行っているところもあります。店員と客に分かれてロールプレイングをする事によって店頭へ立つことを想定した授業を行っている学校もありますから役に立ちます。

コースは服飾専門学校によって違う

服飾専門学校は数が増えています。それぞれに個性ある学校が沢山ありますので、正直どこを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのが現状です。選ぶときに自分が行きたいと思える学校を選ぶのが一番ですが、どこに行きたいか漠然としか決まっていない人は、将来何になりたいかを考えるところからスタートしてもいいでしょう。

服飾専門学校にはそれぞれコースがあります。沢山のコースがある中でどれを選ぶか、それは将来何になりたいかにもよるかもしれませんが、コースを理解しておくことがまず学校選びの参考になるのではないでしょうか。

■どのようなコースがあるのか

・コースは服飾専門学校によって様々

沢山のコースがありますので、それぞれの学校に、どのコースがあるのか前もって知る必要があります。沢山のコースを持っている学校もあればコースは1つしかないという学校もあります。それぞれの学校によって特徴が違っているので、どれくらいコースを持っているのかなども含めてチェックしておくと良いでしょう。

・主なコースはこのようなコース

主なコースにはこんなコースがあります。ファッション関係の経営、企画、販売促進なども含めて学ぶ事ができるファッションビジネス科。そして服をデザインすることを専門に学べるのがファッションデザイン科。スタイリングのスキルや知識を学ぶ事ができるのはファッションスタイリング科。店員やアパレルスタッフとして働きたい人はファッションアドバイザー科がいいでしょう。すべてのコースが用意されているとは限りませんし1つしかコースがないけれど、すべてを学べるという学校もあるかもしれませんから、様々ではありますが、自分が学びたいことを学べる学校に通う事が大事でしょう。